ファイナンシャルプランナーには資格取得が義務付けられています。
その中には国家資格と民間資格があります。
それではまず国家資格について説明しましょう。
1〜3級ファイナンシャル・プランニング技能士が国家資格です。

スポンサードリンク

ファイナンシャルプランナー国家資格と民間資格

ファイナンシャルプランナー3級は受験資格がなく、基礎知識をつけるための資格です。

次に2級ですが、3級ファイナンシャルプランニング技能検定及び金融渉外技能審査3級の合格者、ファイナンシャルプランナーの実務経験が2年以上、AFP認定研修を修了という受験資格が必要になります。

1級は一番レベルが高く合格者がかなり少ないです。
1級はファイナンシャルプランナーの誰もが目指す最終目標といえるでしょう。

ファイナンシャル・プランニング技能士は名称独占資格です。
設立から6年経っています。

次に民間資格について説明しましょう。
民間資格には2つありますが、最初にAFPについて説明しましょう。

AFPに認定されるには2級ファイナンシャル・プランニング技能士の資格が必要となります。
そして指定研修終了、AFP協会加入の3つがそろうと合格です。

次にCFPはCFP認定試験して研修を終了したら合格です。
CFPのメリットは資格を持っていると1級ファイナンシャル・プランニング技能士の学科試験が免除されます。
そして両方の資格にいえることですが、2年ごとの資格更新が定められていて継続更新要件としています。

最近ファイナンシャルプランナーとよく聞かれる人の中には民間資格が多いです。
国家資格は歴史が浅いので資格取得者が少ないかもしれませんが、これからどんどん増えていくでしょう。

民間資格者が増えてくれば、国家資格を持っていないと仕事をするうえで不利になる時代もくるかもしれません。

これから一人前のファイナンシャルプランナーは、1級ファイナンシャル・プランニング技能士とCFPの両方を目指すことをお勧めします。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

ファイナンシャルプランナー 資格と試験:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://shikaku.f122.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。