AFP(Affiliated Financial Planner)は、日本FP(ファイナンシャル・プランナーズ)協会の認定資格です。
NPO法人である日本FP協会が認定するライセンスには2つあります。
ひとつはFP上級資格。世界共通水準ライセンスのCFP資格になります。
AFP資格は日本FP協会が独自に認定する国内のみの資格です。

スポンサードリンク

ファイナンシャルプランナー資格AFP

世界水準のCFPになるには、まずAFP資格を取得しなくてはいけません。

IT業界でシステムアド・ミニストレータという資格がありますが、初級(ITパスポートに移行)と上級があるのと同じです。

AFPは、顧客の考えている希望について最大限の効果を発揮させるため、適切なアドバイスやサポートができるようになる資格です。
AFPには、基本的な聞き取りから、提案書の作成、プラン実行を支援するための知識まで、広範囲な能力が求められます。

このような能力を発揮するためには、ライフプラン(生活設計)の組み方、金融、証券、年金、保険、不動産、ローン、と、様々な財政に関する幅広い知識が必要です。
さらにライフプラニングを行うために、法律や税務の基本的知識も持っていなくてはいけません。

もちろん、現在の経済濃厚など、一般知識を持つことも大切な要素になってきます。
顧客の利益を最優先に考えて財産を最大限に生かし、財産を守るファイナンシャル・プランナーとなるには、社会的教養や知識、厳しい職業倫理を持つことが必須条件です。

AFPの資格取得には、協会が認定する教育機関の講座を修了と、日本FP協会、または社団法人金融財政事情研究会の試験に合格することが必要です。
AFPの試験は年に3回行われます。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

AFP ファイナンシャルプランナー資格認定検収と試験:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://shikaku.f122.com/AFP/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。