ライフプランとファイナンシャル・プラン

ファイナンシャル・プランナーは顧客のライフプランに合わせて、ファイナンシャル・プランを考えていきます。

スポンサードリンク

ライフプランでは、顧客とその家族が持つ夢、希望、目標などを具体的にイメージし、その実現に向けて生涯の生活設計を立て、実行していきます。
個人の価値観に基づいた生き方のデザインをライフデザインといい、ライフプランの前提となるものです。

ライフデザインとは、例えば、結婚をするのか、子どもを持つのか、どんな仕事をしたいのかなどです。

これに対して、ライフプランは、結婚を何歳までにするとしたら資金はいつから貯蓄すればいい?子供の養育はいくらかかるか、といった明確なライフデザインを前提に考えられるものについて生活設計していくことになります。

ライフプランは、生きがい・健康・生きがいを実現するための経済という3つの領域で構成されます。

その3つがうまくまわって、初めてライフプランが実現できるのです。
AFPをはじめファイナンシャル・プランナーは、常にこの3つの領域を頭に入れ、その経済的な生活設計であるファイナンシャル・プラニングを考え、支援していくことになります。

ライフプランでは、年代別ライフスタイルの特徴を把握しておかなくてはいけません。
20代は、就職して仕事を始め、社会的にみても自立した生活を始める時期です。
後半には結婚の選択を行う時期であり、そのための貯蓄のスタートを切る時期でもあります。

30代は、主にキャリアアップ、自己啓発など、自分に対する投資が多くなってくる時期です。
また、昨今の状況を考えると、20代よりも結婚や出産の選択を行う時期にもなります。
住宅購入開始時期も30代になったら考え始めるでしょう。

40代は、住宅ローン返済、教育費も一番負担が大きい時期でもあると同時に、親の介護や自分の老後を考える時期です。
50代は、定年退職や早期退職が目前となり、退職後の準備を考える時期になります。

60代、70代前半は、退職後の生活を元気で活動したいと考える時期です。
健康に気をつけながらライフワークを見つけ、新たな人生を歩み始める人もいれば、何かしら収入のある仕事を続けるか考え、追求する人も出てきます。

70代後半以降は、自分がいなくなったことを考えて、財産管理や分割について考えたり、自分の意思を遺言に残す事を考えたりする時期になります。

試験の問題にも、様々な年代で迎える経済について出題されています。
もちろん世代によって考慮すべき項目や重要度が違ってきます。
よく考慮した上でライフプランを提案・作成してください。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ファイナンシャル・プランナー(FP)
ファイナンシャル・プランナー(FP)という肩書きを持つ人がテレビ、新聞、雑誌など......
AFP資格試験 学科と実技
AFPの資格を得るためには、試験に合格することと日本FP協会認定のAFP認定研修......
AFP認定研修と試験
AFPの資格取得には、2級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定試験の合......
AFP資格 学科試験と実技試験
AFPは、プロのファイナンシャル・プランナー(FP)への第1歩です。 AFPを取......
AFP資格取得試験と2級FP技能検定試験
AFPの取得のためには、2級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定試験を......
ファインシャルプラニングの提案書作成手順
ファインシャル・プラニングの提案書作成には6つのステップがあります。 ・顧客との......
AFP認定研修の提案書作成
AFP認定研修で、必須科目を受講し、提案書を作成・提出して一定水準以上の得点(合......
日本FP協会とCFP AFP
1987年に設立された日本FP協会は、2001年、特定非営利活動法人(NPO法人......
ファイナンシャル・プラン提案書作りは、AFP試験の重要ポイント
ファイナンシャル・プランナーは情報収集、問題点の洗い出しができれば、問題点解決の......
顧客のファイナンス状態の分析手順
ファイナンシャル・プランナーは、顧客のファイナンシャル・ゴールを設定し、現状でそ......
ファイナンシャルプランナーの顧客情報収集
ファイナンシャル・プランナーが提案書を作るには、顧客の生活目標や希望を明確にしな......
AFP試験 2級FP技能検定 係数と係数表
AFPの試験である2級FP技能検定では、係数と係数表は、ほぼ毎回出題されています......
AFP試験 2級FP技能検定 終価係数と現価係数
係数表とは、希望する年金を受け取るための年金原資や積立金の元利合計などを簡単に計......
AFPの認定研修 提案書の構成
ファイナンシャル・プランナーとして実際に作成する場合やAFPの認定研修n提案書の......
AFPの知識 金融商品取引法
2007年9月施行になった金融商品取引法。日本の経済の運用が、貯蓄から投資へ変化......
金融商品販売法と法令順守
2001年4月に施行された金融商品販売法は、金融商品の販売や勧誘に関するトラブル......
AFPの知識 消費者契約法
ファイナンシャル・プランナーは金融商品や税金の知識だけでなく、ライフプランにかか......
退職後のリタイアメントプランと年金
退職後の不安要因をプランニングにより取り除き、安心感を提供するというのもファイナ......
教育費相談 幼稚園から大学まで
ファイナンシャル・プランナーへの相談で、もっともポピュラーなのが教育費です。 教......
AFPの知識 年金制度
AFPの知識には年金制度も含まれます。 AFPになるための試験である2級FP技能......
税金の基礎知識 国税と地方税
AFPをはじめファイナンシャル・プランナーにとって、税金に関する知識は必要不可欠......
ファイナンシャルプランナーAFPの合格率
AFPの試験、2級FP技能検定試験の出題範囲、出題例と解答は日本FP協会、および......
所得税と控除(人的控除)
人的控除とは、納税者の家族構成など個人的事情を考慮したものです。 ただし、老年者......

▲このページのトップへ