退職後のリタイアメントプランと年金

退職後の不安要因をプランニングにより取り除き、安心感を提供するというのもファイナンシャル・プランナーの仕事として重要なことです。

スポンサードリンク

これをリタイアメントプランといいます。
生活設計を考えるうえで、働いている現役時代と、退職後では、全く異なってきます。

リタイアメントプランの特色はそこに価値があるのです。

1.ほとんどの場合、退職により仕事での収入がなくなるか、仕事を続けていても減収になります。
その条件でも老後の生活資金を確保しなくてはなりません。

2.病気にかかる可能性が高くなるので、万が一の入院などに備え、医療保障を充実させておかねばなりません。

3.介護が必要となる可能性があるので、公的な介護資金の他にも介護施設などの介護保障の確保も必要です。

4.確実な年金の確保と試算も必要です。
確定拠出年金の場合は特に自己責任による運用ですので注意が必要です。

5.配偶者が亡くなる可能性が高くなるので、遺族がその後の生活に支障のないようにプランを考えなければなりません。

具体的なプラニングは退職直前もしくは将来のリタイアメントプランの2通りが考えられます。

定年間近の場合には、退職後の生活資金設計を立てる必要に迫られます。
現在持っている資産、予測される退職金、年金を収入源として、不足資金をどうするか、余裕資金の捻出、住宅問題などを考えていかないといけません。

定年までの期間に比較的余裕がある場合のリタイアメントプランでは、退職後のための資金形成を考えた上で、教育費、住宅ローン返済や子どもの結婚など、ライフイベントに必要な資金とのバランスを考えたプランの提案が必要です。

この場合、資金不足などが考えられますが、ライフイベントを優先させなければなりません。

AFPは、現役の若い世代から、退職間近な世代まで、それぞれに退職後のライフイベントや顧客の生活を考えたプランを提供しなければなりません。

ファイナンシャル・プランナーは、常に顧客の立場に立ったプランを提供することが、良い仕事のポイントです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ファイナンシャル・プランナー(FP)
ファイナンシャル・プランナー(FP)という肩書きを持つ人がテレビ、新聞、雑誌など......
AFP資格試験 学科と実技
AFPの資格を得るためには、試験に合格することと日本FP協会認定のAFP認定研修......
AFP認定研修と試験
AFPの資格取得には、2級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定試験の合......
AFP資格 学科試験と実技試験
AFPは、プロのファイナンシャル・プランナー(FP)への第1歩です。 AFPを取......
AFP資格取得試験と2級FP技能検定試験
AFPの取得のためには、2級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定試験を......
ファインシャルプラニングの提案書作成手順
ファインシャル・プラニングの提案書作成には6つのステップがあります。 ・顧客との......
AFP認定研修の提案書作成
AFP認定研修で、必須科目を受講し、提案書を作成・提出して一定水準以上の得点(合......
日本FP協会とCFP AFP
1987年に設立された日本FP協会は、2001年、特定非営利活動法人(NPO法人......
ファイナンシャル・プラン提案書作りは、AFP試験の重要ポイント
ファイナンシャル・プランナーは情報収集、問題点の洗い出しができれば、問題点解決の......
顧客のファイナンス状態の分析手順
ファイナンシャル・プランナーは、顧客のファイナンシャル・ゴールを設定し、現状でそ......
ファイナンシャルプランナーの顧客情報収集
ファイナンシャル・プランナーが提案書を作るには、顧客の生活目標や希望を明確にしな......
AFP試験 2級FP技能検定 係数と係数表
AFPの試験である2級FP技能検定では、係数と係数表は、ほぼ毎回出題されています......
AFP試験 2級FP技能検定 終価係数と現価係数
係数表とは、希望する年金を受け取るための年金原資や積立金の元利合計などを簡単に計......
AFPの認定研修 提案書の構成
ファイナンシャル・プランナーとして実際に作成する場合やAFPの認定研修n提案書の......
AFPの知識 金融商品取引法
2007年9月施行になった金融商品取引法。日本の経済の運用が、貯蓄から投資へ変化......
金融商品販売法と法令順守
2001年4月に施行された金融商品販売法は、金融商品の販売や勧誘に関するトラブル......
AFPの知識 消費者契約法
ファイナンシャル・プランナーは金融商品や税金の知識だけでなく、ライフプランにかか......
教育費相談 幼稚園から大学まで
ファイナンシャル・プランナーへの相談で、もっともポピュラーなのが教育費です。 教......

▲このページのトップへ