金融商品販売法と法令順守

2001年4月に施行された金融商品販売法は、金融商品の販売や勧誘に関するトラブル防止、顧客保護、健全で円滑な取引を目的としてつくられた法律です。

スポンサードリンク

対象商品は、ほとんどの金融商品で、預貯金・定期積金、投資信託、共済、保険、有価証券、デリバティブ取引(金融派生商品)などです。
ただし、ゴルフ会員権やレジャー会員権は、本来、サービスの利用を目的としているため、この法律の対象とはなりません。

金融商品販売法の主なところは、次の3つです。

1.販売する商品について、重要事項に関する説明義務

投資信託など解約できない期間がある場合はその説明などが必要となります。
元本割れのおそれがある商品の場合はその説明が必要です。必ず儲かる、元本保証、などとうたってはいけません。

2.重要事項の説明を怠ったために生じた顧客への損害賠償責任

重要事項の説明がなかったために損害が生じた場合、消費者は販売業者に損害賠償請求ができることになっています。

3.金融商品を販売するための勧誘方針の公表

金融商品販売業者等が、明確な勧誘方針を独自に策定・公表し、実際の勧誘もその勧誘方針に沿って行わねばなりません。

ファイナンシャル・アドバイザーは、保険などの取次ぎ、代理で契約などを行うことがあるので、この法律は深くかかわってきます。
AFPとなる人は、社会的責任を全うするためにもしっかり把握しておきましょう。

AFPとなるためには、試験の合格はもとより、法令順守も大切です。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ファイナンシャル・プランナー(FP)
ファイナンシャル・プランナー(FP)という肩書きを持つ人がテレビ、新聞、雑誌など......
AFP資格試験 学科と実技
AFPの資格を得るためには、試験に合格することと日本FP協会認定のAFP認定研修......
AFP認定研修と試験
AFPの資格取得には、2級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定試験の合......
AFP資格 学科試験と実技試験
AFPは、プロのファイナンシャル・プランナー(FP)への第1歩です。 AFPを取......
AFP資格取得試験と2級FP技能検定試験
AFPの取得のためには、2級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定試験を......
ファインシャルプラニングの提案書作成手順
ファインシャル・プラニングの提案書作成には6つのステップがあります。 ・顧客との......
AFP認定研修の提案書作成
AFP認定研修で、必須科目を受講し、提案書を作成・提出して一定水準以上の得点(合......
日本FP協会とCFP AFP
1987年に設立された日本FP協会は、2001年、特定非営利活動法人(NPO法人......
ファイナンシャル・プラン提案書作りは、AFP試験の重要ポイント
ファイナンシャル・プランナーは情報収集、問題点の洗い出しができれば、問題点解決の......
顧客のファイナンス状態の分析手順
ファイナンシャル・プランナーは、顧客のファイナンシャル・ゴールを設定し、現状でそ......
ファイナンシャルプランナーの顧客情報収集
ファイナンシャル・プランナーが提案書を作るには、顧客の生活目標や希望を明確にしな......
AFP試験 2級FP技能検定 係数と係数表
AFPの試験である2級FP技能検定では、係数と係数表は、ほぼ毎回出題されています......
AFP試験 2級FP技能検定 終価係数と現価係数
係数表とは、希望する年金を受け取るための年金原資や積立金の元利合計などを簡単に計......
AFPの認定研修 提案書の構成
ファイナンシャル・プランナーとして実際に作成する場合やAFPの認定研修n提案書の......
AFPの知識 金融商品取引法
2007年9月施行になった金融商品取引法。日本の経済の運用が、貯蓄から投資へ変化......
AFPの知識 消費者契約法
ファイナンシャル・プランナーは金融商品や税金の知識だけでなく、ライフプランにかか......
退職後のリタイアメントプランと年金
退職後の不安要因をプランニングにより取り除き、安心感を提供するというのもファイナ......
教育費相談 幼稚園から大学まで
ファイナンシャル・プランナーへの相談で、もっともポピュラーなのが教育費です。 教......

▲このページのトップへ