AFPの知識 消費者契約法

ファイナンシャル・プランナーは金融商品や税金の知識だけでなく、ライフプランにかかわる制度や法律も基礎的な知識として、知っておかなくてはいけません。

スポンサードリンク

消費者契約法や金融商品販売法などは、試験にも出題されるほど基礎的な知識で、必要不可欠なものです。
生活に関わり、生活を守るためにも制度や法律は、身につけておきましょう。

消費者契約法は、ファイナンシャル・プランナーだけでなく、消費者にとっても事業者にとっても重要な法律です。

金融商品やサービスが多様化する中、消費者と事業者の間で様々なトラブルが増加しています。
2001年4月に消費者契約法が施行されました。これには様々な消費者トラブルから消費者を守ることがあります。

消費者契約法は、消費者と事業者との間、全ての契約(消費者契約)が対象です。
消費者契約時に事業者に不当な勧誘行為や不当な契約条項の使用があった場合、消費者は契約後であっても、契約の取り消しや消費者の利益を一方的に損ねるような条項の無効を主張することができます

1.不当な勧誘行為

契約を解除できる場合。

・不実告知
嘘を言って契約させる、契約内容を説明しないで契約させること。
例えば、地上デジタル受信のための工事が必要といって、必要のない工事契約をする。

・断定的判断の提供
不確実な事実でも、確実であるかのように誤認させて契約させること。
元本保証のない商品を「必ず儲かる」と言って販売する、など。

・不利益事実の不告知
不利益になる事実を隠して契約させた場合。
将来、近くに高層マンションが建設されるのに、日当たり・眺望良好と言って住宅を販売するなど

・不退去、監禁
事業者が必要以上に居座る、または消費者が帰りたいのに店から出してくれず、しぶしぶ契約に応じたなどの場合。

2.不当契約条項

契約にあっても、下記のような条項の一部、または、全てが無効となります。

・事業者の賠償責任を免除
どのような理由があっても契約を解除できません、など。

・消費者が支払う損害賠償法の額を予定。
契約解除の場合、支払い済み代金は一切返却しない、など。

・消費者の利益を一方的に、害する条項
マンション退去時に借主に過剰な原状回復を科す(日焼けした壁の張り替えなど)。

この法律では、不当な契約だと気づいたときから6か月以内、もしくは契約から5年以内が適応期限になっています。

このような法律の知識は、AFPになるために必要ですし、試験にも出題されます。
また、生活には契約がつきものですので、この法律の知識は生活にも役立ちます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ファイナンシャル・プランナー(FP)
ファイナンシャル・プランナー(FP)という肩書きを持つ人がテレビ、新聞、雑誌など......
AFP資格試験 学科と実技
AFPの資格を得るためには、試験に合格することと日本FP協会認定のAFP認定研修......
AFP認定研修と試験
AFPの資格取得には、2級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定試験の合......
AFP資格 学科試験と実技試験
AFPは、プロのファイナンシャル・プランナー(FP)への第1歩です。 AFPを取......
AFP資格取得試験と2級FP技能検定試験
AFPの取得のためには、2級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定試験を......
ファインシャルプラニングの提案書作成手順
ファインシャル・プラニングの提案書作成には6つのステップがあります。 ・顧客との......
AFP認定研修の提案書作成
AFP認定研修で、必須科目を受講し、提案書を作成・提出して一定水準以上の得点(合......
日本FP協会とCFP AFP
1987年に設立された日本FP協会は、2001年、特定非営利活動法人(NPO法人......
ファイナンシャル・プラン提案書作りは、AFP試験の重要ポイント
ファイナンシャル・プランナーは情報収集、問題点の洗い出しができれば、問題点解決の......
顧客のファイナンス状態の分析手順
ファイナンシャル・プランナーは、顧客のファイナンシャル・ゴールを設定し、現状でそ......
ファイナンシャルプランナーの顧客情報収集
ファイナンシャル・プランナーが提案書を作るには、顧客の生活目標や希望を明確にしな......
AFP試験 2級FP技能検定 係数と係数表
AFPの試験である2級FP技能検定では、係数と係数表は、ほぼ毎回出題されています......
AFP試験 2級FP技能検定 終価係数と現価係数
係数表とは、希望する年金を受け取るための年金原資や積立金の元利合計などを簡単に計......
AFPの認定研修 提案書の構成
ファイナンシャル・プランナーとして実際に作成する場合やAFPの認定研修n提案書の......
AFPの知識 金融商品取引法
2007年9月施行になった金融商品取引法。日本の経済の運用が、貯蓄から投資へ変化......
金融商品販売法と法令順守
2001年4月に施行された金融商品販売法は、金融商品の販売や勧誘に関するトラブル......
退職後のリタイアメントプランと年金
退職後の不安要因をプランニングにより取り除き、安心感を提供するというのもファイナ......
教育費相談 幼稚園から大学まで
ファイナンシャル・プランナーへの相談で、もっともポピュラーなのが教育費です。 教......

▲このページのトップへ