AFP認定研修と試験

AFPの資格取得には、2級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定試験の合格とAFP認定研修修了が必須条件です。
どちらを先に終了するかは問われません。

スポンサードリンク

AFPに認定されるには、2つの条件を満たし、試験合格後、AFPに登録しなければなりません。
ただし、試験に合格しても期間内の登録ができなければ、AFPの資格を得ることができません。

先に試験合格、これからAFP認定研修を受講する人は、登録期間内に講習を修了しなければいけないということです。
AFP認定研修が修了していても、登録期間を過ぎた場合には、AFP認定されません。十分注意して計画を立てましょう。

AFP認定研修は、認定校が行っている、通信(CD、DVD、WEB、カセットなど)、ビデオ、通信+通学、通学などであればどれでもOKです。
地方の人などは通信教育が便利です。
中には、AFP試験の学習とAFP認定研修がセットになった通信教育、通学なども多数あります。金額にもそれぞれ差があるので、調べてみましょう。

資格取得の権利を得た人は、AFPの登録をしますが、日本FP協会の入会が必要で、入会金10,000円・年会費12,000円(平成20年現在)が必要です。
口座振替で支払うことになります。
*2008年4月1日より学生割引制度が導入され、学生は入会金免除、年会費は6000円に改訂されました。

登録後に、AFPのライセンス・カードが郵送されます。
AFPは一度合格すればいいというものではなく、資格更新のための単位が必要で、2年以内に15単位取得しなければ資格を失います。

単位取得のためには、日本FP協会から送付される雑誌「FPジャーナル」の継続教育テストを受ける、日本FP協会の各都道府県支部の行う講座を受講する、スタディ・グループで勉強会に参加する、などの方法があります。

自分にあった方法で資格更新を受けましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ファイナンシャル・プランナー(FP)
ファイナンシャル・プランナー(FP)という肩書きを持つ人がテレビ、新聞、雑誌など......
AFP資格試験 学科と実技
AFPの資格を得るためには、試験に合格することと日本FP協会認定のAFP認定研修......
AFP資格 学科試験と実技試験
AFPは、プロのファイナンシャル・プランナー(FP)への第1歩です。 AFPを取......
AFP資格取得試験と2級FP技能検定試験
AFPの取得のためには、2級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定試験を......
ファインシャルプラニングの提案書作成手順
ファインシャル・プラニングの提案書作成には6つのステップがあります。 ・顧客との......
AFP認定研修の提案書作成
AFP認定研修で、必須科目を受講し、提案書を作成・提出して一定水準以上の得点(合......
日本FP協会とCFP AFP
1987年に設立された日本FP協会は、2001年、特定非営利活動法人(NPO法人......
ファイナンシャル・プラン提案書作りは、AFP試験の重要ポイント
ファイナンシャル・プランナーは情報収集、問題点の洗い出しができれば、問題点解決の......
顧客のファイナンス状態の分析手順
ファイナンシャル・プランナーは、顧客のファイナンシャル・ゴールを設定し、現状でそ......
ファイナンシャルプランナーの顧客情報収集
ファイナンシャル・プランナーが提案書を作るには、顧客の生活目標や希望を明確にしな......
AFP試験 2級FP技能検定 係数と係数表
AFPの試験である2級FP技能検定では、係数と係数表は、ほぼ毎回出題されています......
AFP試験 2級FP技能検定 終価係数と現価係数
係数表とは、希望する年金を受け取るための年金原資や積立金の元利合計などを簡単に計......
AFPの認定研修 提案書の構成
ファイナンシャル・プランナーとして実際に作成する場合やAFPの認定研修n提案書の......
AFPの知識 金融商品取引法
2007年9月施行になった金融商品取引法。日本の経済の運用が、貯蓄から投資へ変化......
金融商品販売法と法令順守
2001年4月に施行された金融商品販売法は、金融商品の販売や勧誘に関するトラブル......
AFPの知識 消費者契約法
ファイナンシャル・プランナーは金融商品や税金の知識だけでなく、ライフプランにかか......
退職後のリタイアメントプランと年金
退職後の不安要因をプランニングにより取り除き、安心感を提供するというのもファイナ......
教育費相談 幼稚園から大学まで
ファイナンシャル・プランナーへの相談で、もっともポピュラーなのが教育費です。 教......

▲このページのトップへ